不妊の悩み解決

多くの不妊の悩みをお聞きしております。多いご質問をご紹介しました。

不妊治療をしているのに、少しも改善できていない
産婦人科でのホルモン療法、タイミング療法、人工授精、体外受精・・・。
低温期・高温期などで漢方薬を使いわけて高額な治療・・・・
いろいろな治療をしているのに、なかなか妊娠できない。
どうしたらいいの?という悩みを打ち明ける方が少なくありません。

医療技術の発展には目覚しいものがありますがやはり子供は授かりものではないでしょうか?

だから、不妊治療だけでなく、身体作りが大切だというケースが多いのです。

中村漢方堂ではまず、お話をよく聞くことから始めます。
相談者の中には、ホルモン療法の経験者が多くいらっしゃいます。

漢方を服用している方は、その薬剤に頼り切って、対処療法にとどまっていることも多いです。

中村漢方堂では、妊娠するための「女性の身体作り」を基本に考えています。

「子宮や卵巣を温めて、整える」。 
女性の身体を元から元気にすることが大切と考えています。
       
特に、卵巣の働きを元気にして、ホルモンの分泌をされやすい状態にします。
卵巣から出るエストロゲン、卵胞ホルモンプロゲステロン(黄体ホルモン)分泌がスムーズになると、妊娠しやすい子宮・卵巣環境ができあがります。

それで、生理周期が整って、卵子も受精しやすく育ち、排卵もきっとり起こり
スムーズに高温期から低温期に移行して、子宮内膜が安心してあかちゃんを受け止めることができるのです。

卵巣の冷えを摂り、温めて、血液量を増やし栄養と酸素を一杯に送り出して、
卵巣機能を元気にすることが妊娠への大切なことと考えています。
「自然妊娠への環境つくり」です。

そのために、日常生活と食生活についてしっかり、継続的にアドバイスしています。
なぜ妊娠しないか、理由がわかりません
婦人科で不妊の治療をしている。
漢方薬局で、高価な漢方を服用している。

それなのに、何年も妊娠できないでいる。
どうして妊娠できないのか?

そういう理由で悩んでいる方が以外に多くいらっしゃいます。
まずは、一緒に、これまでの整理をしませんか?

以外に簡単に妊娠へのきっかけが見つかることが多いものです。
不妊で悩んでいる方で、一番多い原因は卵巣機能の低下です。

低温期が長く、高温期が短い。
黄体機能不全などはまさに、卵巣機能の働きの低下が原因だと考えられます。
それ以外でも排卵がうかくいかない。
おりものが少ない。
ホルモンの分泌量が少ない。
子宮内膜が薄くて、受精卵の着床がうまくいかない・・・・など。

基礎体温表をつけて、自分でその解析が出来るようになることが
自然妊娠への近道だったりします。

原因がわかれば、対処の方法も漢方的智恵で
手軽に続けることが出来るものがたくさんあります。
不妊の原因となる卵巣機能を元気にすることも出来ます。 漢方が得意な分野です。
年齢が高く、早く妊娠したい
35歳までに、妊娠しておきたいという方が多い中、
35歳、40歳を過ぎても子宝に恵まれていないので、気持ちがあせる
という方が、非常にたくさんおられます。

もちろん、若いというのは、一つの利点ですが、
身体の調整に対する取り組み方次第で妊娠は、充分に可能です。
だいじょうぶです。
それは、中村漢方堂の過去の実績が物語っています。

40歳を過ぎても、卵巣の働きを元気に活発にしてやれば、
自然妊娠出来ると実感しています。

年齢とともに、卵巣の働きが衰え、ホルモンの分泌が減少するので
妊娠しづらいといのが一般的な話ですが、
子宮や卵巣を温めて、血液量を増やすことで、
卵巣機能の働きがよくなります。
  
年齢が高いというのは、女性として成熟しているということでもあります。
精神面でも余裕が出て、いろいろな角度から物事を考えれるという大人の考えが
できることでもあります。

成功例を聞いてみてください。前向きに挑戦出来ます。
きっと妊娠できます。
話をしているうちにふと気が付く方も結構おられます。
自然妊娠による子宝のための生活のヒントはたくさんあります。

どうぞ、安心して相談してみてください。
繰り返し流産してしまいます。妊娠できるでしょうか?
流産を経験して、妊娠に自信を失っている方がいらっしゃいます。
最近では、流産したことある方は以外に多いのですがそれが
2回、3回となると不安も消し難いでしょう。

流産は、子宮と卵巣の冷えが原因で起こる場合があります。
習慣性流産も克服することができます。
生活習慣を一緒に見直してみませんか?

どうぞ、安心してご相談してみて下さい。
夫は無関心です。どうしたらいいでしょうか?
不妊に対して、自分ばかりを責めがちな相談も少なくありません。
1日も早く、妊娠したいという思いが強くて
ご主人との気持ちに温度差ができてしまっていることがあります。

子宝は、天からの授かり物であることを今一度思いおこしてくださいね。
妊娠にこだわるあまり、タイミングばかり気にしていると、
男性は抵抗感を感じるのです。

ご主人の気持ちを燃えさせるヒントがいくつかあります。
自然妊娠した方の生の体験をいろいろお伝えします。

子作りは夫婦の愛情が一番です。
二人の生活を楽しむくらいがちょうどいいのです。

その喜びの渦の中で、赤ちゃんは授かります。
どうぞ、安心してご相談してみて下さい。
産婦人科でどんどん薬が増えていき、不安です
産婦人科の薬の副作用が心配です
生理がずっとありません。どうしたら生理がくるでしょうか?
過激なダイエットや激しい運動のしすぎが原因で、生理が止まっている方がおられます。

女性の身体は、デリケートで繊細です。
無理な運動は、繊細な身体に負担を生じます。
ホルモンの分泌異常を立て直して
子宮や卵巣に本来の元気を呼び戻しましょう。

適切な習慣と、正しい食事で、無月経の方も、
正常なリズムを取り戻して、自然妊娠されたケースが多くあります。

        どうぞ、安心してご相談してみて下さい。
卵子の老化が心配です。卵子を元気にする方法はありますか?
基礎体温がガタガタです。妊娠できるでしょうか?
基礎体温はつけていても、それを読み取って
生活習慣の改善に生かすことがとても大事です。
体温の変化から、自分自身の身体とホルモンの関係を
よく知ることが大切です。

中村漢方堂で自然妊娠した方に共通して言えることがります。
それは、ご自分の基礎体温からわかる不妊の問題点を
はっきりさせたという点です。
特に低温期の過ごし方を少し工夫するだけで
妊娠にチャンスに、ぐっと近づきます。
日常生活で改善することがあるのです。

人それぞれ生活のペースが違うので
個別のアドバイスがとても重要になります。

基礎体温表を元に、ご一緒に
妊娠しやすい身体作りを進めましょう。

どうぞ安心して、相談してみてください。
ホルモンのバランスが悪いと診断されました。改善できますか?
医師にホルモンのバランスが悪いと言われ、
心配している方もおられます。
でも、だいじょうぶです。

生活習慣を改善することで、子宮や卵巣の
本来の元気な自然のリズムを取り戻せば
元通りホルモンバランスの良い身体を取り戻すことが出来ます。

自分の身体を自分で守るために、
漢方の智恵をつかって、生活習慣を少しずつ改善していきませんか?

   どうぞ、安心して相談してみて下さい。
結婚して5年以上たつのに、子宝に恵まれないで不安になっています
子供がほしいと思っているのに、
6年間も子供ができないでいる・・・どうしよう。

産婦人科へ通って、「タイミング療法」をしてみたけれど、
なかなか思い通り子供が授からない。

子供がほしいと思って、3年たち、5年たち
そして焦る気持ちのまま、10年目に入ろうとしています。

結婚当初は、不妊で悩むなんて思いもしなかったという方が
以外にたくさんおられます。

婦人科に通ったり、漢方を使った療法に取り組んだり。
思うような結果が出ずに、年数だけが経過していく。
欲しいのにできない辛さ。

それに、子供ができないと周りからの目も気になります。
男性側にも責任があるのに、どうしても女性側に厳しい視線がむけられがちです。

本当に辛いところです。
お話を伺うと、皆さん、さまざまな経験をへて
いろんな悩みを抱えてもいらっしゃいます。

そうして、やっとこの漢方堂にたどり着いたという方がたくさんおられます。
だいじょうぶです。
みなさん、自然妊娠へのきっかけをつかんでおられます。

そのためには、相談の中でご自身の「不妊の原因」を
よく知ることがスタートです。
どうぞ、安心して相談してみて下さい。
しばらく漢方薬を飲んだけれど、うまくいっていない
漢方を服用すれば、妊娠できるという
ようなものではありません。

まずは、ご自分の身体の状態を正しく理解して
不妊の原因をきっちり整理してみることが大事です。

ご相談の中には、不妊の原因がわからないまま
漢方を服用している場合が意外に多くあります。

その漢方がその方の体質に合っていない場合もあります。
費用がかかりすぎて、漢方を服用する量を自分流に制限したり、
漢方治療を続けられなかったという方も少なくありません。

漢方は、ご自分の体質とぴったり合えば
自然妊娠するケースが多いです。

それだけに、最初に、じっくり相談すること
継続してサポートを受けることがとても大切です。

    どうぞ、安心して相談してみてください。
周りの心ない言葉に傷ついて、落ち込んでいます
・「子供が出来ないのは、どこか身体がおかしいのでは・・・?」
・「こどもを授かって、一人前。」
・「子供がいないからいいわね。」
・「お子さんはいつ?」

子供が欲しくて、欲しくてたまらないのに
人に言われる言葉に、特別に傷つく。

そんな自分が情けなく、みじめに感じてしまうという悩みは
毎週伺います。

夫婦の仲が悪いのでは?と、プライバシーにまで踏み込もうとする
親戚さえいます。

私たち夫婦も結婚して、しばらく子供はできませんでした。
当時は辛い思いもしました。

妊娠できなく悩んでいるときに
不用意な言葉で、心は非常に傷つきます。

だいじょうぶです。
私たちも経験しました。

妊娠できる身体の環境を作りさえすればいいのです。
ヒントは日常生活の中にたくさんあります。
必ず妊娠は可能です。

どうぞ、安心して相談してみてください。