卵巣の働きを高める方法

卵巣の働きを高める方法

当店では、妊娠するために重要な役割を持つ卵巣の働きを高めることを目的に、食生活・日常生活を基本に漢方茶と漢方食品を取り入れた方法でご提案しております。

婦人科さんで治療をされても、なかなか赤ちゃんが授からない方はとても多いですが、その理由としては、充分に成熟した卵胞や卵子ができていない、ホルモンが分泌できていないなど、妊娠するための身体の働きがうまくできていないことが考えられます。

私どもの「妊娠しやすい身体作り」は、卵胞や卵子を作る「卵巣の働き」を回復し、卵巣のもともとあった元気な働きを取り戻すことを目標としています。
いろいろな理由で、うまく働かない卵巣を本来の働きができるよう、根本的に立て直すことが目的です。
卵巣の働きを改善することで、ホルモンのバランスが整い、質のいい卵子を育てることができ、しっかり排卵できます。
しっかりした卵胞・卵子を育てることで、基礎体温が整い、高温期も続きます。受精した卵子が安心して着床でき、温かく厚い子宮内膜もできるのです
自然な形で卵巣機能を整えて、自分の力でホルモンが分泌できるようになりますので、ホルモン剤を使用し、薬の力で妊娠する対症療法より、女性が本来持っている妊娠力で赤ちゃんが授かる理想的な治療と考えています。
西洋薬品で症状を抑える治療法でなく、身体の根本から体質を改善し、ご自分の妊娠する力を取り戻す漢方の知恵なのです。

妊娠するために一番必要なことは?

質の良い卵胞・卵子が成長でき、頸管粘液を分泌し、しっかり排卵し、赤ちゃんのベッドとなる厚い子宮内膜が必要です。では、どのようにすれば、質の良い卵胞・卵子ができ、しっかり排卵し頸管粘液が分泌し、暑い子宮内膜ができるのでしょうか?

卵巣はこんな働きをします

妊娠するために、卵巣はいろいろな働きをこなしています。
不妊の大きな原因は「卵巣の働きの低下」ですが、卵巣が元気一杯働くには、具体的にどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

お役に立ちましたらシェアをお願いします!: