卵巣機能低下は不妊治療が長引く原因

妊卵巣機能低下とは

卵巣機能低下は、女性の不妊の原因のとても多い排卵障害の症状の一つです。
卵巣内で、卵胞が成熟してくると、増加するはずの卵胞ホルモン(エストロゲン)が増えないため、排卵が起こらなかったり、排卵までに時間が長くかかるなどの症状が起こります。

また、子宮内膜が厚くなりにくいために、排卵が起こった後、卵子と精子が受精し、受精卵ができても、着床がうまくできない状態です。
これらの症状を卵巣機能低下といいます。

卵巣の働き

卵巣は左右の卵管の下に1個ずつあります。
親指くらいの小さな器官ですが、卵巣が持つ働きはとても沢山あり、妊娠するために非常に重要な器官です。

妊娠をサポートするほか、生理周期を整えたり、女性らしい身体を作ったりしています。
卵巣から分泌される女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

女性の美しさと健康は、この卵巣から分泌される女性ホルモンの作用ですお陰です。

女性の美しさと健康の元 2つの女性ホルモン

卵胞ホルモン(エストロゲン)の働き

  • 卵胞を成熟させたり乳腺を発達させて、乳房を豊にしたりなど女性らしい身体を作る。
  • 排卵前には子宮頚管粘液の分泌量を増やし、精子が子宮内に入りやすいようにサポートする
  • 生理が終った後には分泌量が増え、排卵後には分泌量が減ります。
  • コレステロールの増加を防いだり、肌を美しく保つ。
  • 骨の減少を食い止める。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の働き

  • 子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすい状態にする。
  • 妊娠が成立したときは、胎盤が完成するまで分泌を続け、子宮の状態を安定させます
  • 妊娠しなかった場合は分泌は低下し、約2週間で止まります。不要となった子宮内膜ははがれ落ちてます。これが月経です。
  • 卵巣の血流の低下が卵巣機能低下の原因

    卵巣の若さは、血液量で決まります。
    卵巣には、細かい血管がたくさんあり、多くの血液が流れています。この卵巣には、赤ちゃんの元となる原始卵胞が生まれた時は約200万個くらいあります。

    思春期になると、原始卵胞の中から、ホルモンの命令によって、毎月左右の卵巣のどちらか一つから、成熟した卵子を排卵します。
    その時卵巣は、大きく成熟した卵胞・質の良い卵子を作るため、血液から栄養と酸素をもらって卵胞・卵子を育てているのです。

    卵巣が元気よく働くためには、血液が非常に大事なのです。

    卵巣機能低下が不妊につながる理由

    卵巣が冷えると、血液が充分に卵巣に行き届かないので、不妊の原因になります。
    女性が「お腹を冷やすこと」をできるだけ避けたいのは、そこには子宮や卵巣があるからです。

    冷えた子宮や卵巣には血流が行き渡りにくくなり、血液から酸素や栄養をもらうことができないのです。
    また、冷えた子宮や卵巣では女性ホルモンの分泌も悪くなり、不妊につながっていきます。
    いろいろな不妊治療をしても、子宮や卵巣が冷えていると、卵子の質が低下したり、赤ちゃんを迎えるための子宮環境でないためなかなか上手くいきません。

    卵巣機能の低下から低温期が長くなると、生理不順を起こしやすくなります。
    卵巣を元気に働きやすく活発にするには、血流をよくすることが最も重要です。
    卵巣が骨盤内の一番暖かい場所にあるのは、卵巣は冷えることがないように骨盤内に守られているためで、人間の身体のしくみの不思議さを思わずにはいられません。
    卵巣ができるだけ冷えないように身体が守っているのですね。

    また、下半身の冷えは無月経、無排卵にもつながりますので、必ず避けたいことです。

    お役に立ちましたらシェアをお願いします!: