卵巣年齢を若くする方法

■卵巣年齢

最近、卵巣年齢が話題になっていますね。
卵巣年齢を知る指標として、卵巣にどれくらい卵子が残っているかを
調べることができる血液検査をAMHといいます。

AMHが高いと、「卵巣にある卵子の数がまだたくさんありますよ!」
ということです。
逆にAMHが低いと、卵巣内の卵子の数が残り少ない状態で
卵巣年齢が高い状態でということになります。

しかし、赤ちゃんが授かるために大事なのは
卵子の数ではなく、卵子の質です。

しっかり分割できる力を持っている卵子を育てることが
赤ちゃんを授かるために何より大事なことです。

また、婦人科さんの治療をしても、卵子の質がよくなければ
なかなか妊娠は難しいといえます。

当店のお客様の中には、婦人科のお医者様から「卵子の質が悪い」と言われ
失意の中に当店にご来店くださり、漢方治療をしていると卵子の質がよくなり
卵子の質がよくなり、お医者様がびっくりされた例がたいへん多くあります。

■卵巣のアンチエイジングをしましょう

卵巣をアンチエイジングすることで、若い元気な卵巣になります。
元気な卵巣で育った卵子は、卵子に力があり、しっかり着床・分割ができます。

1、血流をよくすること
卵巣は、心臓から離れた場所にあり、血流がなかなか行き渡らない宿命にあります。
血流が滞ると、卵巣や子宮へ、酸素・栄養素・ホルモンが届けにくくなり
卵巣は元気をなくしてしまいます。
そのため、卵巣へ多くの血液をたっぷり送ることが、卵巣の機能低下の予防になります。

2、栄養
厚生労働省の調査では、30代40代の女性のほとんどが
卵子の生育に必要な鉄、亜鉛、カルシウムなど栄養素が
不足している状況だそうです。

できるだけ旬のもの、新鮮なもの、家庭で調理したものを多く取り入れることが
妊娠に大事な栄養素を摂れることです。
赤身の肉類・魚介類・納豆・山芋・ナッツ類・緑黄色野菜
香味野菜(うど、しょうが、ねぎ、にんにく)などを摂りましょう。
不足しがちな栄養素は、サプリメントなどで補いましょう。

3、ホルモンバランス
妊娠するためのホルモン分泌を支配しているのは、「体内時計」です。
大事なホルモンをしっかり分泌できるよう、体内時計を整えましょう。

【体内時計を整える効果的な方法】
・早く寝る
・早く起きる
・太陽を浴びる
・朝食をバランスよく食べる