たんぽぽ子宝コラム

体内時計を整えましょう

2017.10.10

体内時計は、周囲が明るくなると、目が覚め、暗くなると眠くなる身体のリズムです。 体内時計に乱れが生じてくると、妊娠に重要な役割を持つ女性ホルモンのFSHの分泌に異常が起き、質のよい卵胞・卵子ができないので注意しましょう。続きを読む

この記事のカテゴリー:どうしたら妊娠できるの?

卵巣年齢検査(AMH検査)と妊娠

2017.09.25

「不妊クリニックで血液検査をしたら、AMHが0.01でした!妊娠することは無理でしょうか?」 というメール相談がありました。38歳の女性です。 不妊クリニックで受ける卵巣年齢検査(AMH)は、卵子がどのくらい残っているか続きを読む

この記事のカテゴリー:どうしたら妊娠できるの?

1年で一番妊娠が多いのは、9・10・11・12月

2017.09.16

    過去30年間の厚生労働省と総務省統計局の資料によると、妊娠する月で一番多いのは9月10月11月12月の秋の時期になるという統計が報告されています。     秋は、妊娠しやす続きを読む

この記事のカテゴリー:どうしたら妊娠できるの?

卵巣機能低下を改善しましょう!

2017.08.25

妊娠する力と実際の年齢は一致しない? 妊娠する力(妊娠力)は、卵巣がどれだけ元気に働くかで決まり、 実際の年齢と一致しないことも珍しくありません。 例えば20歳代・30歳代の若い女性でも、卵巣がうまく働くことができず、 続きを読む

この記事のカテゴリー:どうしたら妊娠できるの?

妊娠しやすい基礎体温について講演しました

2015.04.08

■OTCカウンセンラーの会 勉強会   4月6日(日)13:00 近畿2府4県の薬局・薬店の先生方が集まった勉強会で、妊娠しやすい基礎体温について講演しました。 講演の依頼を受けた際は、妊娠するために大事な鉄分のお話をさ続きを読む

この記事のカテゴリー:医療関係者向け勉強会

笑いが妊娠率を高めます

2014.09.25

  体外受精の胚移植後の笑いが、治療効果を高める可能性があるとヨーロッパの生殖医学会で発表されました。   体外受精の希望者186人中、半分の93名は体外受精の胚移植後、コメディー番組を15分間鑑賞し、あと半分の93名は続きを読む

この記事のカテゴリー:妊娠しやすい心

タイミングの効果的な時期

2014.05.13

新緑がまぶしい季節になりましたね! 体調はいかがですか? タイミングをとる一番効果的な時期はいつでしょうか? 女性が子宮頸管粘液(以下、おりもの)を確認できた時にタイミングとるのが、 一番効果的ですョ! なぜならば、おり続きを読む

この記事のカテゴリー:不妊症

美味しく食べてストレス解消しましょう

2014.04.04

体調はいかがですか? 毎日の生活でのストレス、ため込んでいませんか? ストレスが溜まったら、好きな食べ物や自分が美味しいと感じるものを 食べることも、とっても効果的なストレス解消法です! 「あ~、おいしかった!」と心から続きを読む

この記事のカテゴリー:日常生活の改善

お風呂のあとに 冷えていませんか?

2014.03.03

赤ちゃんと早く会いたいなら、身体を冷えから守り、いつもポカポカの身体でいてくださいね。 今日は、身体をポカポカに温めるお風呂上りのお話です。 少しぬるめの38~40度くらいのお風呂にゆっくり入ると、身体の芯まで温まります続きを読む

この記事のカテゴリー:日常生活の改善

妊娠しやすい身体は 毎日の小さな積み重ねが大事です

2014.02.21

漢方を飲んだり、ホルモン治療すれば、すぐにも妊娠できると考える方がとても多いですが   それは、少し気が早いかもしれません。 妊娠するには、質の高い卵子、おりもの、着床しやすい子宮内膜が 大事です。 婦人科さん続きを読む

この記事のカテゴリー:日常生活の改善

1日30分 自分が楽しむ時間を作りましょう!

2014.02.15

毎日、寒い日が続いていますが、体調はいかがでしょうか? 生活していれば、いろいろ思うようにいかないことが多いものですね。 でも、思うようにいかないストレスは、血のめぐりを悪くし、案外身体に ダメージを与えるものです。 小続きを読む

この記事のカテゴリー:生活を楽しむ

不妊の不安や焦りは、話すと軽くなります

2014.02.14

生理が始まると、どうしようもなく落ち込む 卵巣の働きの低下が心配 年齢が高く、早く妊娠したい 周りがつぎつぎ妊娠・出産してゆく 不安や焦りがあるときは、気持ちを外に出すことが重要です! 誰かに気持ちを聞いてもらい、心を軽続きを読む

この記事のカテゴリー:妊娠しやすい心

日々を楽しむ ヒヤシンスの水栽培

2014.02.14

11月のある日、お花屋さんの店先で、丸い球根が目にはいりました。 ヒヤシンスです。 そういえば、小学校で水栽培をしたことを思い出し、なつかしくなり 育ててみることにしました。 ガラスの容器に水を入れ、球根をセットして7日続きを読む

この記事のカテゴリー:生活を楽しむ

不妊と胃腸の働き

2014.01.14

目次………………………………………&#8続きを読む

この記事のカテゴリー:未分類

卵巣年齢を若くする方法

2013.12.29

■卵巣年齢 最近、卵巣年齢が話題になっていますね。 卵巣年齢を知る指標として、卵巣にどれくらい卵子が残っているかを 調べることができる血液検査をAMHといいます。 AMHが高いと、「卵巣にある卵子の数がまだたくさんありま続きを読む

この記事のカテゴリー:不妊症

妊娠したい気持ち  男女の違い

2013.12.23

■赤ちゃんが欲しい…。 私の気持ち、彼の気持ち 「パートナーの赤ちゃんを望む気持ちが薄れた」と感じて 不安やわかってもらえない気持ちを持ち、一人で不妊と 戦っているお客様のご相談を多くお聞きします。 一人で取り組む孤独感続きを読む

この記事のカテゴリー:妊娠しやすい心

赤ちゃんが授かるには、二人分の体力が必要

2013.12.11

お客様より以下のようなご質問を多くいただきます。 「低温期の体温が低く、時には36度以下の日もあり また低温期が長く、いつ排卵しているのかまったくわかりません。 高温期になかなか移行しにくく、高温期の日数も少ないなど 心続きを読む

この記事のカテゴリー:食生活の改善

朝食をしっかり食べましょう

2013.10.05

朝食、ちゃんと食べていますか? 1日の中で、一番身体が冷えている朝は、できるだけ、温かいもの エネルギーのあるものを摂って、体温を上げ、エネルギーを 補給しなければなりません。 朝ごはんを食べることで、身体に活動のスイッ続きを読む

この記事のカテゴリー:未分類

着床力をつけるために

2013.09.13

  1,生命力に富んだ受精卵を作ること 生命力に富んだ受精卵を作るには、サラサラの血液が豊富にあることです。 鉄分を多く含む食材を取りましょう。 魚介類、レバー、海藻類がお勧めです。 2,子宮内膜が新鮮で、栄養続きを読む

この記事のカテゴリー:不妊症