妊娠したい気持ち  男女の違い

■赤ちゃんが欲しい…。 私の気持ち、彼の気持ち   「パートナーの赤ちゃんを望む気持ちが薄れた」と感じて   不安やわかってもらえない気持ちを持ち、一人で不妊と   戦っているお客様のご相談を多くお聞きします。   一人で取り組む孤独感、年齢の焦り、基礎体温が整わない焦り   周りはみんな子供がいて幸せそうに見えたりするのに   うちのパートナーはぜんぜん私の辛い気持ちを理解してくれないなど   多くの方が感じておられる悩みのようです。 ■男女の違い   女性と男性は、物事に対する反応の仕方、考え方がまったく違う生き物です。   どんなに彼があなたを心から愛していても、女性の心をすべて理解できる男性は   いないと言われています。   不妊についても、男性も女性と同じように赤ちゃんを希望し   なかなかうまくいかなければ、悩んだりもするのですが   多くの男性は、言葉が自由にのびのびと表現できない特徴を持っています。   そして、一般的に男性は女性を守らなければ!という気持ちを強く持ち   何事も上から目線で話すことが多いらしいのです。   一方女性は、心の悩みについて、同じ目線でアレコレと愚痴を聞いてほしい   いろいろ話合いたいという気持ちを常に持っています。   そのような男女の心の違いを理解していると、「自分だけが悩んでいる。」とか   「主人は、ぜんぜん協力してくれない。」などと考えて、孤独な気持ちや夫婦のすれ違い   になることも少なくなるのではないでしょうか? ■たまには夫婦で過ごす時間を作りましょう   焦り・ストレス・孤独・わかってもらえないなどの冷たく孤独な心は   身体を硬くさせ、血管を縮ませ、血液が流れにくくなります。   卵子や精子の発育も悪くなり、ホルモンの分泌も十分でなくなります。   普段は、忙しさにまぎれ、なかなかゆっくり話すことも少ないご夫婦は   休日は二人で過ごしてみてはいかがでしょうか?   思いやりは十分持っていても、その表現が苦手な彼の優しさを見つけてあげて   お互いが暖かい心で日々を過ごすことが、妊娠の近道になります。 薬草茶と食生活・日常生活の改善で自然妊娠  中村漢方堂薬品店