生理不順と多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できました!大阪府 22歳

           


 カテゴリー: お客様の声, 20代のお客様の声・妊娠例

生理不順と多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できました!大阪府 22歳

昔から子供が大好きな私は、早く子供が欲しいとずっと思ってました。
しかし、生理不順が続き「多嚢胞性卵巣症候群」と診断され、子供ができにくいと言われました。

それからショックで、基礎体温を測るようになり、職場の先輩に「たんぽぽ子宝相談室」を紹介して頂きました。
一から詳しく説明していただき、定期的に相談・アドバイスをして頂き、2.3ヶ月頃から体温が安定してきて、そのあとすぐに妊娠することができました!

現在妊娠10週です。
元気に体を動かしてる姿をみてとても幸せです。たんぽぽ子宝相談室に出会えてほんとによかったです。

T様へ「妊娠おめでとうございます!」

T様は、大阪市にお住いの22歳の女性です。
初めてT様が来店されたのは、年の瀬もいよいよ押し詰まった12月の下旬でした。

赤ちゃんを早く授かりたいということで、職場のご友人(当店ご利用で妊娠)のご紹介でご来店いただきました。
基礎体温表を拝見すると、卵巣機能が低下している基礎体温でした。

年齢的にもお若いので、卵巣機能さえしっかり機能させることができれば、妊娠しやすい身体は近いという感想をもちました。
体力を使う立ち仕事をされていましたが、立ち仕事は、美容師・保育士と共に不妊の多い業種です。

卵巣の働きをアップさせ、持ち上げるには、栄養や酸素が入った血液を卵巣へ送ることです。
バランスの良い食事をし、日中使い果たす体力をどういう風に補給するか、食事面・生活習慣面で一緒に考え、提案する「不妊カウンセリング」を毎月継続して行いました。
T様は、妊娠したいという気持ち一心で、しっかり説明を理解され、真剣に生活習慣を守り治療に専念されました。
そして、2か月後には、見事に妊娠されました!

「子供が大好き!」と話しておられたT様、本当によかったですね!
きっと子供と楽しく遊べる素晴らしいママになられると思います。妊娠おめでとうございます!

生理不順・多嚢胞性卵巣症候群と不妊

生理不順と不妊

  • 生理期間が長い、短かい
  • 生理周期が長い、短かい
  • 周期がバラバラで一定しない

など、生理不順には、いろいろな症状がありますが、原因はホルモンのバランスの乱れです。
卵胞や卵子が育つエネルギーが不足していることも根本的な原因です。

エストロゲンの分泌量が少なく、卵胞の育ちが小さいので、高温期が短くなったり、生理の周期が短くなったりします。
また、なかなか卵胞が育たないので、低温期が長くなる場合もあります。

卵巣内の卵胞が育たなくなることが根本の原因です。
ダイエットなどで急激に体重を減らすようなことが引き金になったり、ストレスで自律神経が乱れることで、生理不順になる場合もあります。

朝や昼の食事をしっかり摂る事、早寝早起きを習慣にしてみる事など日常できる簡単な習慣を改善することで、ホルモンバランスが整い、生理不順は改善していきます。
日常生活を見直し、身体に優しい食事と生活習慣をして行きましょう!

多嚢胞性卵巣症候群と不妊

多嚢胞性卵巣は、卵巣機能が低下し、卵胞や卵子を育てる力が弱くなると、卵巣内の卵胞がそのまま成長せず、排卵できずに卵巣内に残っていく症状です。

漢方の考え方では、根本原因はエネルギー不足と考えています。食生活・日常生活の改善で卵巣の働きを取り戻せば、多嚢胞性卵巣症候群は改善でき、自然妊娠できると考えられています。
多嚢胞性卵巣症候群の方が妊娠するためには、朝と昼の食事が最も大事です。

タンパク質と炭水化物・脂質をしっかり摂ることで、卵胞が育ち卵子が成熟でき、排卵が起こるような身体になることができます。

(以上に記載されたものは、お客様よりいただいたご感想であり、効果・効能を示すものではありません。)

たんぽぽ子宝コラム「お客様の声」へ

コラム「お客様の声」以前の妊娠のご報告一覧へ

お役に立ちましたらシェアをお願いします!:

たんぽぽ子宝コラム一覧へ