月別アーカイブ: 2014年2月

漢方を飲んだり、ホルモン治療すれば、すぐにも妊娠できると考える方がとても多いですが 17 それは、少し気が早いかもしれません。 妊娠するには、質の高い卵子、おりもの、着床しやすい子宮内膜が 大事です。 婦人科さんでホルモン治療をしてもらっても、妊娠できる確率は10人に2人です。 なかなか妊娠しにくい方は、「卵子、おりもの、子宮内膜」がまだできていない方です。 質の高い卵子、おりもの、着床しやすい子宮内膜をしっかり作るには しっかり食べ、十分に眠り、軽く運動することをしばらく続け、妊娠しやすい身体に なることが大事です。 妊娠しやすい身体になるために、漢方の果たす役割は、血のめぐりを良くしたり 身体を温めたり、ホルモンの分泌を促したりと、とても大きいですが 赤ちゃんが授かり、小さな命をお腹の中でしっかり育てていくことは 身体が整っていて初めてできることです。 身体が整うのは、すぐにできることではなく、毎日毎日の積み重ねが大事です。 「漢方 + 身体作り」の2本柱で改善し、治療することが、妊娠できる一番の近道なのです。 あなたの赤ちゃんと出会うため、赤ちゃんがママのお腹のなかで トラブルなく十分に成長できるため、今できる身体作りをしっかりやっていきましょう!
毎日、寒い日が続いていますが、体調はいかがでしょうか? SONY DSC 生活していれば、いろいろ思うようにいかないことが多いものですね。 でも、思うようにいかないストレスは、血のめぐりを悪くし、案外身体に ダメージを与えるものです。 小さいストレスでも、ため込むと、ホルモンの分泌が悪くなるなど 卵巣の大事な働きを低下させてしまいます。 【ストレスを改善しましょう】 毎日忙しく時間に追われた毎日になりがちですが、ほんの30分でいいので 自分にご褒美をあげましょう! 1日の中で、30分を目標に、「今を楽しむ生活」を考えてみるのもいい方法です。 好きな趣味の習い事、ご夫婦で旅行計画案、ペットを飼ってみるなど、今ある時間を 楽しむことをしてみましょう! 楽しい気分や夢を思い描くことは、血のめぐりをよくし、脳から分泌されるホルモンも 十分に分泌されることでしょう♪ 小さいことなら実行もしやすいですね! まず、できることからやってみましょう(^^)/
生理が始まると、どうしようもなく落ち込む 悩んでいる子 卵巣の働きの低下が心配 年齢が高く、早く妊娠したい 周りがつぎつぎ妊娠・出産してゆく 不安や焦りがあるときは、気持ちを外に出すことが重要です! 誰かに気持ちを聞いてもらい、心を軽くしましょう! 辛い思い、焦り、不安な心を話すことで、不思議と心が軽くなり、「な~んだ。こんなことで 悩まなくてもいいわ!」とストレスを解決し、乗り越えられます。 当店では、無料カウンセリングをご利用いただけます。 メールでいつでも相談できます。(メールでお返事できにくい内容や 詳しくご説明させていただきたい内容は、ご希望日をお聞きし お電話でお話させていただきます。) 妊娠しやすい身体作りの養生の他、今感じている不安や焦りなど いつでもご相談ください。 過去の多くの妊娠されたお客様の例もあげながら、先輩方がどのように克服されたか また、どうすれば妊娠しやすい身体になるか、カウンセリングさせていただきます。 多くの方がご来店やお電話でご利用いただき、カウンセリングで ご自分の「心の小さなほころび」にハッと気づかれたり、今までの 心配が解消でき、具体的な目標がしっかりできるなど、とても好評です。 お客様の普段の過ごし方をお聞きし、具体的な養生提案を するカウンセリングが、改善の大きなヒントになります。
flo-f2-211月のある日、お花屋さんの店先で、丸い球根が目にはいりました。 ヒヤシンスです。 そういえば、小学校で水栽培をしたことを思い出し、なつかしくなり 育ててみることにしました。 ガラスの容器に水を入れ、球根をセットして7日後。 白い根が伸びてきました! 眠っていた球根が目覚めたようです。 白い根や緑の芽が元気にどんどん伸び、とうとう1月の終わり頃 ピンクのつぼみが開きました! 小さな可憐な花がたくさん集まって、さわやかな香りが部屋中に立ち込めています。 秋から冬までの3か月間。小さな命を育てる中で、満たされ、癒された3か月でした。 節分からは、暦の上では春ですね。 この時期は季節の変わり目で、心と身体は春を迎える準備を しています。 体調を崩したり風邪をひきやすくなったりしますが 無理せず大事にしてくださいね。