月別アーカイブ: 2017年10月

ミネラル不足

なかなか赤ちゃんが授からない女性の方は、ミネラルを上手に補給することが、妊娠のために

たいへん重要なポイントです。

ミネラルは、健康に生きていくために欠かせない大事な栄養素の1つです。

骨などの体の組織を構成したり、筋肉や神経の働きの調節する働きがあります。

病気をせず、普段の生活を活動的にこなしていくには、ミネラルの働きがあってこそ成り立つのですね。

特に女性は、ミネラル不足を引き起こしやすいです。

なぜなら、毎月の生理では鉄分が大量に失われるでしょう。

妊娠・出産では、大量の血液が必要で、出産時の出血も少なくはないでしょうからね。

また、美しくあるため、ダイエットをされる方も多いですね。

ダイエットのために食事を制限することも多いので、栄養が不足し、ミネラル不足の大きな原因になることが多いのです。

厚生労働省の平成28年度の国民健康 栄養調査結果から、多くの方が摂るビタミンやミネラルは、

「これくらいは摂った方がいいよ」という必要量の50~70%しか摂取していないことがわかりました。

特に、妊娠を希望される30~40歳代の女性のミネラル不足は深刻な問題です。

なぜなら、ミネラル不足は不妊の大きな原因になるからです。

ミネラル不足の原因

ここ10年ほどで日本人のミネラル不足は以前にまして深刻な状況と言われています。

その大きな原因のひとつに加工食品が挙げられます。

何でも便利になってきた現代。大きな手間をかけなくても、加工食品を使えば、簡単に美味しい食事ができますね。

例えば、味噌汁。

以前は、昆布やかつお節でだしをとっていましたが、今は、お湯に出しの粉末と味噌をいれるだけで、
すぐに味噌汁の出来上がりです。

でも、海から採れる昆布には、海の栄養がそのままでミネラル豊富。カルシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、ヨウ素などの
ミネラルが豊富に含まれています。

毎日の食事にぜひ摂りいれたい食材ですね。

お米や砂糖、小麦も、美味しく食べるため、美味しいところだけを残し、後は捨ててしまう現代。
でも、捨ててしまった物のなかにこそ、大事な栄養が詰まっているのです。
もったいないですね~!

私ごとですが、お米は玄米を購入しています。
家庭用の精米機で、毎日玄米を精製して炊飯しています。
すると、お米嫌いの娘のお友達も、美味しいとたくさん食べてくれたほど、美味しいご飯ができます。

働く女性が増え、社会で働いた後、帰宅して、疲れた身体での夕食作りの毎日は、きついですね。
時間のゆとりもなく、インスタントやレトルト、加工食品、冷凍食品などの簡便調理が可能な食品が
飛ぶように売れているそうです。

でも、インスタントやレトルト、加工食品、冷凍食品などには、「リン酸塩」が添加物として加えられていて、
食事で摂ったせっかくのミネラル分を排除してしまうのです。

毎日食べたもので、健康な身体ができあがります。
毎日食べたもので、困った症状の元ができあがります。

あまり神経質になることは、かえって良くありませんが
小さな工夫で、なるべく自然の食材を使いたいですね。

ご自分の身体のため
可愛い将来の我が子のため

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)は、排卵障害の1つです。
卵巣の中で、卵胞がある程度育っているにも関わらず、ホルモンのアンバランスで、
卵胞の発育が止まり、排卵できず、卵巣内にたくさんの卵胞が残ってしまう症状です。

当店のお客様であるK様は、美容師のお仕事をされています。

お客様の対応に忙しいK様は、毎日昼食もゆっくり食べることができず、
ほんの空き時間の10分の間に「立ちながらコンビニの麺類」の昼食で済まし、
朝から晩まで立っぱなしでお仕事されています。

以前通っていた不妊クリニックでは、多嚢胞性卵巣症候群と
診断されましたが、漢方茶と漢方サプリで、妊娠しやすい身体作りを
され、この度妊娠されました!!

コツコツ妊娠しやすいカラダ作りをがんばられたK様、本当によかったですね!
そんなK様が、妊娠された「喜びの声」を寄せていただきました。

お客様の声

結婚して8年目に授かることができました。赤ちゃんを希望しても、
なかなか授からず、不妊クリニック、漢方薬、サプリ、鍼灸など
いろいろな方法を試しました。

不妊クリニックでは、多嚢胞性卵巣症候群と診断され、人工授精・体外受精を
何度もしましたが授かることができず、何度もあきらめかけました。

毎回クロミッドの服用とHCGの注射、プロラクチンの治療の連続の数年間でした。

身体にも負担がかかっていき、副作用で子宮内膜がだんだん薄くなり、
排卵も起こりにくくなり、以前は、たくさん分泌されていたおりものも
少なくなってきて、「自分は、もう妊娠することができないのでは…?」と
絶望的な気持ちが長く続きました。

なかなか結果の出ない私に、不妊クリニックの先生は、漢方の芍薬甘草湯の
服用とレーザーメスによる手術を勧められました。

でも、不妊クリニックのホルモン治療に限界や疑問・焦りを感じていました
ので、主人の友人の紹介で、中村漢方堂を訪ねることにしました。

強い薬や注射を使わない取り組み方法に、ほっと安心を感じ、漢方の考え方を
取り入れた漢方茶と漢方食品を飲みながら進めていきました。

食生活の改善にもトライし、中村先生の不妊カウンセリングのお蔭で、
前向きに楽しく無理なく続けられることができ、気持ちが安定して
いったことを覚えています。

そういう状態が続き、次第に基礎体温では、ホルモンの分泌も整っていき、
排卵もしっかりできてきた身体に変化していることを実感しました。

そして、なんと半年が過ぎたある日、検査薬で陽性反応がしっかり出て、
夢にまで見た赤ちゃんを授かることができました。

ホルモン治療を続けても、なかなかよい結果が出なかった私でも、
食事や睡眠を大事にしていると、漢方の力で自然に妊娠することが
できました。

先生、本当にありがとうございました。

「お客様の声」は、ご本人の許可をいただき、掲載させていただきました。
こちら掲載された事例やお客様の体験談は個人の感想や成果によるもので
万人への効果を保証するものでないことご理解ください。

体内時計は、周囲が明るくなると、目が覚め、暗くなると眠くなる身体のリズムです。

体内時計に乱れが生じてくると、妊娠に重要な役割を持つ女性ホルモンのFSHの分泌に異常が起き、質のよい卵胞・卵子ができないので注意しましょう。

体内時計を整えるには、
・朝起きたら、朝の光を浴びる
・朝食を毎日食べる
・夜は、スマホやテレビなどのブルーライトをなるべく浴びない
などの生活習慣に気をつけましょう。

先日お電話カウンセリングされたM様は、30歳代の会社員の方です。
食生活・日常生活の改善で生理が復活し、基礎体温もずいぶん良くなられましたが、なかなか妊娠できません。
ある日のカウンセリングで、夜は、ご自分の楽しむ時間をお持ちですか?とお聞きし、深夜テレビを見ることが好きで、遅くまで見ていますとのことでした。

ご自分の好きな時間を持つことは、妊娠するためにとてもよいことと、日頃よりご説明しておりますが、テレビは、あまりお勧めできません。

なぜなら、テレビは、ブルーライトを発することで、体内時計が狂うからです。
体内時計が狂うと、妊娠するために重要なホルモン(エストロゲン)の分泌に狂いが生じ、卵巣の中で、質のよい卵胞・卵子が成長できないのです。

そのことをご説明し、夜のご自分の時間をテレビ・パソコン・スマホなどの光を浴びないよう、また、夜の時間は、部屋をほの暗い程度に照明を調節してみるようご提案しました。

夜の部屋の照明を調節し、少し明るさを落としてみると、不思議と気持ちが落ち着きます。
就寝までのひと時は、自分だけの大切な時間です。
好きな音楽を聞いたり、好きな趣味をしたりするといいですね。
カモミールティーなど飲むのもお勧めです。
カモミールには、「神経を鎮めてリラックス効果をあたえる薬草」として、ヨーロッパで最も歴史のある民間薬です。
安眠、リラックス、疲労回復に作用するといわれています。

さて翌月のカウンセリングで、M様の基礎体温のグラフは、バラツキが無くなり、低温期が理想の日数で、オリモノが出て、排卵するという経過をたどって行き、高温期も今まで10日ほどだったのが、一気に13~14日まで伸びるくらい見違えるくらい、理想の基礎体温表になっていました。

ご本人も、夜の時間の過ごし方が、こんなに影響しているという事は、思ったことがなかったとのこと。

ただ1点残念なのが、おりものが出た時にタイミングといつもカウンセリングで聞いていたが、おりものが分泌した日には、あいにく主人が出張でタイミングが取れなかったため、妊娠にはならず、残念な結果になってしまいました。

というご本人のお話しをお聞きしました。

このように、些細な生活習慣の改善で妊娠になる方がたくさんおられます。

規則正しい生活で体内時計が整い、妊娠しやすい身体ができるということを改めて実感しました。