作成者別アーカイブ: totto12

「不妊クリニックで血液検査をしたら、AMHが0.01でした!妊娠することは無理でしょうか?」

というメール相談がありました。38歳の女性です。

不妊クリニックで受ける卵巣年齢検査(AMH)は、卵子がどのくらい残っているかといった検査です。

もう少し詳しく言えば、女性として誕生して、700万個備わっていた原始卵胞が、成長とともに、減り続け、あと自分の卵胞には、どのくらいの原始卵胞が残っているかを調べる検査なのです。

なかなか赤ちゃんが授からない女性にとっては、とても気になる値ですね。

でも、AMHが0.01などのたいへん低い数値でも、妊娠は可能です。
なぜなら、閉経が近い女性でも、卵巣の中には、原始卵胞(卵子のある袋)がおよそ1,000個位存在しているからです。

その中の1つの卵胞が女性ホルモンFSMの影響を受け、大きく成長・成熟し排卵するのです。
1,000個の原子卵胞が0個になるまでには、1,000回の排卵が可能です。
1,000回の妊娠のチャンスがあるわけですね。

さて当店でも、食生活・日常生活の改善と漢方の知恵の養生に取り組まれ、先日もAMHが0.04の女性が自然妊娠されています。

毎月毎月排卵する卵子は1つです。
この1つの卵子を、質を低下させずしっかり成熟させ排卵できれば、AMHの値が低くても、実年齢が高くても、心配は要りません。

日々の生活習慣や食生活の改善から、卵子の減少のスピードを抑えることができるということが日本の大学で研究されています。

昭和の初期の時代では、家族構成は両親に子供が5・6・7人いるのが普通でした。
そして現在への移り変わりの中で、不妊の女性が増えました。

生活の便利さや食生活の変化、女性の仕事意識、ストレスなどが原因で、卵巣機能が低下している女性が年々増えていることも大きな原因となります。

でも、不妊を心配しておられる女性は、今の食生活や日常生活をもう一度見直してみましょう。
昔から伝えられている漢方の知恵を生かし、食事や睡眠などの改善をすることで、本来の卵巣の働きを取り戻してみましょう。

卵巣に残った原始卵胞を大切にして、質をよくし、大きく成熟させましょう。
漢方の知恵に基づいた養生をしていけば、卵巣は元気に働くようになり、大きく育った質のよい卵子を作ることができます。

ホルモンもバランスよく分泌してくれ、しっかり排卵させます。
卵巣の中にある原始卵胞が残り少なくても、妊娠は可能です。

 

 

過去30年間の厚生労働省と総務省統計局の資料によると、妊娠する月で一番多いのは9月10月11月12月の秋の時期になるという統計が報告されています。

 

 

秋は、妊娠しやすい身体作りを始めるのは、とてもいい季節です。
1年で一番妊娠しやすい時期で、1年で最も流産がしにくい傾向もある時期になります。

 

 

妊娠しやすい理由は 食事と睡眠

ここ最近の夏は特に暑さが厳しいですね。
そのため、冷たい食べ物・飲み物などを摂ることが多く、身体はどうしても冷えることが心配されます。

ところが秋は、気温が程よく下がり、たいへん過ごしやすくなります。
「食欲の秋」と言われるように、美味しいものがたくさん出回り、食欲も自然と出て、たくさん食べられるようになりますね。

栄養を十分補給できるようになり、卵胞卵子が育つための栄養を補いやすい季節です。

寝苦しく夜中に目が覚めることが多い夏に比べ、ぐっすり睡眠がとれ、睡眠の質もよくなります。

寝ている間に血液もしっかり流れ、疲れもよくとれて朝を迎えられるようになります。

就寝時間は、11時までに就寝することを目標にしてみましょう。

過ごし方の個人差があり、無理に早く寝ようと努力して、ストレスがかかれば、かえって良くありません。
ご自分の過ごし方に合うよう、アレンジできる心の余裕も大事にしましょう。

 

卵子が成長できる栄養をしっかり摂り、充分な睡眠がとれる秋は、生命力が強くなり、妊娠しやすく・流産しにくい絶好の妊娠のチャンスです!

 

■OTCカウンセンラーの会 勉強会   4月6日(日)13:00

近畿2府4県の薬局・薬店の先生方が集まった勉強会で、
妊娠しやすい基礎体温について講演しました。

講演の依頼を受けた際は、妊娠するために大事な鉄分のお話を
させていただくように用意していましたが
参加しておられる薬局・薬店の先生方の突然のリクエストにお答えし、
妊娠しやすい基礎体温について
お話させていただきました。

具体的には
・卵胞のできる仕組み
・排卵の起こる仕組み
・卵胞の大きさで、高温期の長さが決まる

など、ご説明しました。

話の途中でも、質問を受け、参加されている先生方の熱意を感じ、
とても充実した時間を
過ごすことが出来ました。

 

体外受精の胚移植後の笑いが、治療効果を高める可能性があるとヨーロッパの生殖医学会で発表されました。

 

体外受精の希望者186人中、半分の93名は体外受精の胚移植後、コメディー番組を15分間鑑賞し、あと半分の93名は鑑賞しないという実験をしたそうです。
その結果、コメディー番組を楽しんだ93名中33名が妊娠したのに対し、コメディー番組を楽しまなかった93人のうち、妊娠したのは18名という内容でした。

 

これは、体外受精をする場合だけでなく、自然妊娠を希望されている方で
普段の生活でタイミングをとる時にも同じことが言えます。
笑うことや心から楽しむことで、血流がよくなり、脳が活性化し、
妊娠力・免疫力など、低下していた身体の働きがグーンとよくなるのです!
そして、さらに強力な方法は、日頃から自分でおもしろい話を見つけて、
周りの人に話し、一緒に楽しむことです。
 

「何かおもしろいことや楽しいことはないかな…」そんなアンテナを
張って生活をしているだけで、ますます身体の細胞がイキイキ活動し、
血液がしっかり卵巣へ流れ、生殖機能が高まり、妊娠力がアップします。

 

おもしろい話をするのは苦手、お笑い番組も好きでない方もおられますね。
そういう方には、作り笑顔がお勧めです。
「作り笑顔を続けた後には身体の細胞が活性化する」という実験報告も出ています。

 

「早く赤ちゃんが欲しい!」という焦りの気持ちが強い方は、
そんな気持ちを少し横に置いて、いつも笑顔で楽しんでいると、
きっと赤ちゃんはやって来てくれますよ♪

 

新緑がまぶしい季節になりましたね! 体調はいかがですか?
タイミングをとる一番効果的な時期はいつでしょうか?

女性が子宮頸管粘液(以下、おりもの)を確認できた時にタイミングとるのが、
一番効果的ですョ!

なぜならば、おりものは精子を守り、子宮の奥へ運ぶ役割をもっているからです。

膣へ入った精子は、膣の酸性の環境に弱く、バタバタと倒れてしまいます。
しかし、運よくおりものの中へもぐり込んだ精子は、おりものの環境が
とても居心地がよく、おりものに守られながら、子宮から卵管へ運ばれていきます。

して、卵管で精子と卵子は運命の出会い、受精ができるのです!

おりものを確認できた時は、「妊娠しやすいョ!」という身体からのサインです。
愛情こめたタイミングをとりましょう。

でも、男性は生理がないため、「おりものが出た時にタイミングを取る」ということも、
女性の気持ちより現実性にかける傾向があります。
また、男性は以外にも、精神的にデリケートな面があり、「今日はタイミングを取る日!」
というプレッシャーに弱いところがあります。

女性が気持ちを察し、上手に接することがとっても大事なポイントですね!

体調はいかがですか?
毎日の生活でのストレス、ため込んでいませんか?

ストレスが溜まったら、好きな食べ物や自分が美味しいと感じるものを
食べることも、とっても効果的なストレス解消法です!

「あ~、おいしかった!」と心から思えた時、脳は和らいだ感情や
 
楽しく喜ばしい感情、快感、満足感、至福感が満ちてきます。

美味しいと感じる食事をパートナーや気の合う友人と楽しんでみましょう。
また、テーブルクロスを替えたり、花を飾るなどの演出も
楽しさを引き出すとてもいいことです。

普段と違った特別感を味わうことで、心が新鮮になり、楽しむ心が
心の中のストレスを掃き出してしまいますョ!

また、心が不安なときは、呼吸も浅く、回数が多くなっていることが
多いものです。
できるだけ少しずつ息を吐き、吐き終わったら、お腹の力を
一気に緩め、自然に空気が身体に入ってくるのを実感して
みましょう。

この呼吸法を数回すると、身体の中は新鮮な空気で満たされ
心が落ち着き、血液が身体をゆっくり行き渡りますよ!

赤ちゃんと早く会いたいなら、身体を冷えから守り、いつもポカポカの身体でいてくださいね。

今日は、身体をポカポカに温めるお風呂上りのお話です。

少しぬるめの38~40度くらいのお風呂にゆっくり入ると、身体の芯まで温まります。
熱いお湯に浸かると、皮膚の表面はすぐに温まりますが、身体の内部はまだ冷えています。

多くの方は、皮膚が温まると、すぐにお風呂から上がってしまうことが多いのですが
できれば、少しぬるいかもと思えるくらいのお湯にゆっくり浸かりましょう。
ゆっくりお風呂に入り、身も心もポッカポカになってでてきました。
そのあと、あなたは何をしますか?

しばらくテレビや雑誌を見たり、明日の準備をしたり・・・(主婦の仕事は
延々と終わりがありませんからね。)

いつまでも濡れた髪のままとか、薄着でウロウロしていませんか?
  
これは、確実に冷えます。
なぜなら、お風呂から出てきたときは、毛穴が開いていて、体温がどんどん放出
されているからです。

お風呂から出てきたら、水分をしっかり拭きとり、すぐにパシャマを着てしまいましょう。
ついでに靴下やレッグウォーマーも履き、腹巻もつけましょう!
冷えは、下半身からやってきます。

漢方を飲んだり、ホルモン治療すれば、すぐにも妊娠できると考える方がとても多いですが

 

それは、少し気が早いかもしれません。

妊娠するには、質の高い卵子、おりもの、着床しやすい子宮内膜が
大事です。

婦人科さんでホルモン治療をしてもらっても、妊娠できる確率は10人に2人です。
なかなか妊娠しにくい方は、「卵子、おりもの、子宮内膜」がまだできていない方です。

質の高い卵子、おりもの、着床しやすい子宮内膜をしっかり作るには
しっかり食べ、十分に眠り、軽く運動することをしばらく続け、妊娠しやすい身体に
なることが大事です。
妊娠しやすい身体になるために、漢方の果たす役割は、血のめぐりを良くしたり
身体を温めたり、ホルモンの分泌を促したりと、とても大きいですが
赤ちゃんが授かり、小さな命をお腹の中でしっかり育てていくことは
身体が整っていて初めてできることです。

身体が整うのは、すぐにできることではなく、毎日毎日の積み重ねが大事です。

「漢方 + 身体作り」の2本柱で改善し、治療することが、妊娠できる一番の近道なのです。

あなたの赤ちゃんと出会うため、赤ちゃんがママのお腹のなかで
トラブルなく十分に成長できるため、今できる身体作りをしっかりやっていきましょう!

毎日、寒い日が続いていますが、体調はいかがでしょうか?

生活していれば、いろいろ思うようにいかないことが多いものですね。
でも、思うようにいかないストレスは、血のめぐりを悪くし、案外身体に
ダメージを与えるものです。

小さいストレスでも、ため込むと、ホルモンの分泌が悪くなるなど
卵巣の大事な働きを低下させてしまいます。

【ストレスを改善しましょう】
毎日忙しく時間に追われた毎日になりがちですが、ほんの30分でいいので
自分にご褒美をあげましょう!

1日の中で、30分を目標に、「今を楽しむ生活」を考えてみるのもいい方法です。
好きな趣味の習い事、ご夫婦で旅行計画案、ペットを飼ってみるなど、今ある時間を
楽しむことをしてみましょう!

楽しい気分や夢を思い描くことは、血のめぐりをよくし、脳から分泌されるホルモンも
十分に分泌されることでしょう♪

小さいことなら実行もしやすいですね!
まず、できることからやってみましょう(^^)/

生理が始まると、どうしようもなく落ち込む

卵巣の働きの低下が心配
年齢が高く、早く妊娠したい
周りがつぎつぎ妊娠・出産してゆく

不安や焦りがあるときは、気持ちを外に出すことが重要です!
誰かに気持ちを聞いてもらい、心を軽くしましょう!

辛い思い、焦り、不安な心を話すことで、不思議と心が軽くなり、「な~んだ。こんなことで
悩まなくてもいいわ!」とストレスを解決し、乗り越えられます。

当店では、無料カウンセリングをご利用いただけます。
メールでいつでも相談できます。(メールでお返事できにくい内容や
詳しくご説明させていただきたい内容は、ご希望日をお聞きし
お電話でお話させていただきます。)
妊娠しやすい身体作りの養生の他、今感じている不安や焦りなど
いつでもご相談ください。

過去の多くの妊娠されたお客様の例もあげながら、先輩方がどのように克服されたか
また、どうすれば妊娠しやすい身体になるか、カウンセリングさせていただきます。

多くの方がご来店やお電話でご利用いただき、カウンセリングで
ご自分の「心の小さなほころび」にハッと気づかれたり、今までの
心配が解消でき、具体的な目標がしっかりできるなど、とても好評です。

お客様の普段の過ごし方をお聞きし、具体的な養生提案を
するカウンセリングが、改善の大きなヒントになります。