朝の光を浴びて 卵子を酸化から守りましょう

           


 カテゴリー: どうしたら妊娠できるの?, 日常生活と不妊・妊娠しやすい身体作り

新しい1日の始まりの朝は、空気もきれいで気持ちも新しく、心地よいものですね。
そんな心地よい1日の始まりに、カーテンを開け、風に吹かれたり、朝の光を浴びるのは、妊娠しやすい身体作りにとてもうれしい効果があります!

なぜなら、朝の光を浴びることで分泌する「セロトニン」は、心と身体のバランスを安定させる幸せホルモンですが、夜には「メラトニン」(睡眠ホルモン)に代わります。
「メラトニン」には抗酸化作用があり、卵胞液のなかの卵子を酸化から保護していることがわかっています。

酸化した卵胞のなかにいる卵子は、質も低下してしまいがちですが、メラトニンで守られた卵子は、いつも新鮮ですくすく大きく成長できるのです。
ほんの10分、いつもより早起きして、カーテンを開け、朝の心地よい風に吹かれ、朝の光を浴び、空気を吸ってみましょう。

きっと、あなたの小さな卵子は、卵胞液のなかで、気持ちよく大らかに成長してくれるでしょう。
あなたのお腹の中ですくすく大きく育つかけがえのない小さな赤ちゃんの卵を、大切に守ってゆきましょうね。

お役に立ちましたらシェアをお願いします!:

たんぽぽ子宝コラム一覧へ