妊娠力を取り戻す方法で40代でも続々自然妊娠!

           


 カテゴリー: どうしたら妊娠できるの?, 妊娠しやすい心

35歳を過ぎれば、「早く妊娠しなければ・・。」と焦りを感じる方が多いですが、卵巣の働きをしっかりすれば、妊娠は40代なら十分にできます!

現代では、女性のほとんどが仕事を持つようになり、仕事と家事の両立しなければならないストレスが卵巣やホルモン分泌に及ぼす影響も大きいと言われています。

食生活や生活習慣の乱れから、血液不足やエネルギー不足、自律神経の乱れなどが原因で、年齢が若くても、卵巣が疲れている方・妊娠力が落ちる方がかなり多いようです。

近年の日本は、夏も冬もどこへいっても快適に過ごせるようエアコンがついていることで、身体の体温の調節を司る自律神経が乱れてしまうことが多くあります。

テレビDVDが普及していなかった昔は、深夜まで起きていることがなく、ほとんどの方が現在女性より早寝早起きです。

そのため、昔の女性は良質の睡眠することができ、身体も脳もしっかり休息することもでき、エネルギーも無駄に使われず、ホルモン分泌や卵胞・卵子の成長のために使われることができたと言えます。

では、現代の女性は妊娠することが難しいのでしょうか?
いいえ、大丈夫です!

人間の身体には、恒常性(ホメオスタシス)という働きがあります。
体外受精や冷え・ストレス・血液不足などで疲れ、十分な働きができない卵巣であっても、身体を大事にいたわり、栄養や睡眠を充分にとることで、いつの間にか元気な卵巣へ戻る働きがあります。

たっぷりの血液を卵巣へ行き渡るようにすることで、卵巣は、多くの酸素や栄養を与えられ、元気に働けるようになります。

元気に働く卵巣は、しっかりホルモンを分泌し、着々と卵胞・卵子を育てる働きをしてくれます。

40歳代の方・妊娠力が落ちている方でも、ご自身の身体を知り、身体をいたわることで、赤ちゃんが授かる身体になるのです。
妊娠する力を取り戻す一番確かな方法は低下した卵巣を元気にする方法です。

ご自身の身体を信じ、焦らず、あわてず、身体に備わった素晴らしい力をもう一度花咲かせましょう。

お役に立ちましたらシェアをお願いします!:

たんぽぽ子宝コラム一覧へ